お歳暮に関する豆知識記事一覧

 

お歳暮の起源は、日本が仏教文化を広く取り入れてから伝播した習慣だそうです。現代ではあまり見かけませんが、古くから日本では年の暮れに盆の行事と同様、ご先祖様の霊を供養する慣例があり、その際に親族が供物を持ち寄って村の人々やご縁のあった人と分け合っていたそうです。これが後にお歳暮という季節の贈り物へ変化したという説が有力です。贈り物に水引が利用されるようになったのは室町時代からと言われています。国内だ...

 
 

季節の品をやりとりする時には、まず熨斗紙に注意します。お祝いや弔事の際の贈り物のように、目的別にはっきりと表書きの種類が決まっているわけではないので、主に相手に届く時期によって表書きの種類が変わります。お歳暮という表書きは、毎年続けて行うことが前提になっており、都度のお礼の場合はそのまま、御礼で差し支えありません。師走の20日までに届く品物には御歳暮、年始にやりとりする品物には御年賀と書かれたもの...

 
 

ギフト商品は多種多様で、お歳暮用に販売されている商品も時代とともに変化していっているようです。ですが、そんな中でも昔ながらのマナーとして、贈ってはいけないものの存在を知っておいて損は無いでしょう。贈ってはいけないものは、商品としてはどこにでも売っていて手に入りやすいものですが、贈り物として考えた時に、名前や使い方の面で縁起が悪いと思われるものになります。どこの百貨店でも販売されていて、身近な人への...

 
 

お歳暮についてあれこれ考えるうちに、「どんな贈り方が一番喜ばれるのだろう?」と悩んでしまう人も少なくありません。一言で言ってしまえば、「相手の喜ぶ品物を、相手の喜ぶタイミングで贈る。」ということになってしまいますが、実際はさまざまな商品の中から相手の性格や状況に合わせて選び、全て相手に合わせてスケジュールを組むことは困難でしょう。相手についての情報が不十分な中で贈る時には、お正月に登場する数の子や...

 
 

百貨店や製造元が一貫して、受注から配送までを行うお歳暮サービスも人気があります。挨拶状も一緒に封入した商品、包装のタイプや熨斗のタイプを選べる商品も登場してきており、忙しい年末でも手間がかからず喜ばれているようです。しかし、お歳暮で良くあるトラブルのひとつに、商品の箱や商品そのものが破損していたなどの、輸送時のトラブルが挙げられています。物流業界にとっては、一年の中でも特に年末年始は最も忙しい繁忙...

 
 

お歳暮など、季節のギフトをやりとりする時期には、贈り物を受け取りやすい時期でもありますので、お礼の品物を気負いなく贈るには最適の時期と言えるでしょう。けれども、お歳暮は「今後も変わらないお付き合いがしたい。」という意味合いが強いため、相手にとっても負担になりかねないという点に注意しておきましょう。一度限り、という贈り物の場合は御礼や感謝といった熨斗紙を用いて、相手の了承しやすい贈り物にすることも頭...