おさえておきたいお歳暮のマナー記事一覧

 

お歳暮をもらったあなた、まずはどんなことをしますか?最近は仕事でも私生活でも電子メールのやりとりで連絡をするのが当たり前になっています。しかし、お歳暮のようなきちんとした意味合いのある贈り物を頂いた時には、手書きのハガキなどで連絡をすることがマナーとされています。一般的には、お礼状と呼ばれています。ハガキや手紙で連絡することにはどんなメリットがあるのでしょうか。お礼状には、お歳暮が確実に手元に届い...

 
 

ここ数年、お歳暮をはじめとするギフトの手配や配送を、インターネットで済ませる傾向が強くなってきているようです。デパートなどに出向いて予算に合った商品を比べて選び、注文をし、自宅で受け取り相手の元へ訪問する、という手順は手間もかかりますし、それなりの時間の余裕がないと出来ることではありません。そのため、簡単な通信販売を選択することにメリットを感じる人が多くなってきたということでしょう。しかし、マナー...

 
 

「これまで何回もお歳暮をやり取りしていたけど、今年は喪中。どうしよう?」という方もいるのではないでしょうか。自分が贈る側でも、もらう側でも戸惑ってしまうものです。原則的には、お歳暮は贈り物の分類としてお祝いにはあたりませんので、通常通りのやりとりをすることが可能です。しかし、喪中の相手に贈る場合はいくつかのルールがあります。まず、お歳暮という表書きで品物を贈ることは避けましょう。同様に、お年賀とし...

 
 

お歳暮をもらう立場になった時には、お礼状の書き方も覚えておかなければいけないポイントでしょう。お礼状には、簡潔に書きやすい、相手が読みやすい、という点でハガキが適しているとされていますが、失礼のない書き方さえおさえているものなら手紙でも良いそうです。手紙やハガキでのやりとりをする習慣のない人も増えてきていますから、近況報告や写真などを添えて送っても喜ばれるでしょう。失礼のないお礼状を送るには、基本...

 
 

お歳暮のそもそもの目的は、主にお正月に使ってもらう、食べてもらうための品物を贈ることですので、年末年始を迎える前に受け取ってもらえるよう手配するのが原則です。しかし、相手も自分も忙しくこの時期に贈ることができなかった場合、どのような手段で贈ればよいのでしょうか。一番ポピュラーな方法は、年が明けてから7日目頃までにお年賀として贈る方法です。なぜ7日目までかというと、松の内と呼ばれる期間がこれにあたる...

 
 

ビジネス上の人間関係の中でお歳暮をやりとりする際にはまず、自分の会社、相手の会社双方で贈答品のやりとりがタブーとされていないか確認することからはじめましょう。仕事上のお付き合いでは、1年間お世話になったお礼として、お歳暮を社交術として利用することがスタンダードになっています。しかし、最近では会社全体で贈答品を贈ったりもらったりすることを禁止しているケースも増えてきているようです。特に、国家公務員の...