喜ばれるお歳暮とは記事一覧

 

昔ながらの習慣で、日本人が慶事の際に贈ってはいけないものについて以前ご紹介しました。では、お祝いのカテゴリには入らないお歳暮の場合はどんなものがタブーとされているのでしょうか?お歳暮の品物は、基本的には目上の方に対してお渡しするのが前提となっています。ですから、いくら実用的で日常生活で良く使われる品物だとしても、目下の人間が贈るととても失礼にあたるものがあります。肌着類は誰でも毎日使うものですが、...

 
 

相手が喜ぶということは、相手がその時に必要としている品物や、相手のご家族が好んで良く使う品物を選ぶこととイコールになります。とは言え、お歳暮のように季節ごとに贈る品物については、常に変化している相手の状況を把握して贈ることが難しいのではないでしょうか。そこでまず、相手の状況をより把握するためにある程度の情報を集めてみましょう。仕事関係でお付き合いのある相手なら、自分の同僚や上司へ、相手について好み...

 
 

年末は仕事でも家庭でも忙しい人が多い時期でもあります。お歳暮はこの時期、もらって嬉しい反面、贈る側にとっては手配したり訪問したりするための時間が無い人も多いのではないでしょうか。「簡単に、でも失礼のない贈り物をしたい!」というニーズが大きくなっている中、商品選びから配送の手配まで、全てのプロセスをインターネット上で行うことができるネット通販を利用するケースが増えてきました。自宅にいながら、クリック...

 
 

前項では、ネット通販で手軽に手配できる方法をご紹介しました。若い人同士でしたら、もらう側もインターネットで商品を購入したことのある人が多く、ネットで手配されたと分かる商品でも抵抗があまりないようです。しかし、年配の方となると話は別です。最近では、高齢の方でもインターネットを頻繁に使っている層が増えてきましたが、「ギフト用の品物はやっぱりデパートのものが良い。」という方もいます。ネームバリューのある...

 
 

お歳暮というと、やはり冬の味覚を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。お歳暮商戦で話題になる商品のランキングでは常に食品が上位を占めているのも頷けます。「初めてのお歳暮、どれがいいかしら?」と悩んでいる方は、定番のラインナップを把握しておくと良いようです。はじめに、相手が好むもの、そうでないものについては情報を集めておきましょう。自分が一度試してみて良かったもの、他の人から贈られて嬉しかったも...

 
 

お歳暮のような、お礼を兼ねた品物は、贈る相手にどのくらいお世話になったかで、価格の相場は変わってきます。自分の肩書を入れ、会社の一員として複数の相手へ一律の品物を贈る場合は、基本的に個人の名義で再度贈らなくても失礼にはなりません。また、学生時代にとてもお世話になった恩師宛に同級生の連名で贈るような場合も、個人で別な品物を用意する必要のないケースもあります。ここでは、個人的にお歳暮のやりとりをする際...

 
 

カタログギフトがどんなシステムか知っていますか?ここでは、カタログギフトをお歳暮に利用する際の注意点も含めてご紹介していきます。カタログギフトとは、さまざまな企業の商品がセレクトされた、通信販売で良く使われているようなカタログ形式の冊子を贈るギフトです。もらう側が掲載されている商品から好きな商品を選び、指定されている期限内に冊子に添付されているハガキなどで品物を取り寄せることができる仕組みです。多...